システムトレードを検証運用仲間

ここではシストレを愛する人たちのコミュニケーションの場をして、情報交換を求めて行きたいと思います。 サル父のシストレ結果なども掲載します

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新作EA「BreakBomber」

先日からご連絡させていただいています

黒木の第3弾EAの先行販売を本日から開始します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
急ピッチで販売準備をし、ようやく、先行販売準備が整いました。
販売日がはっきりせずに申し訳ございませんでした。

では、

「iBands」「Night Revers」ユーザー様限定の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新作EA「BreakBomber」の第1弾



ついに発売しました

もちろん購入しました、来週から導入させていただきます

リアル口座用EAが到着次第バックテストを実行していきます

取引システムとしては、私の好きなタイプです損小利大

ブレイクアウト系のシステムです。

投資で大事な点であると

まことしやかに囁かれている肝心の勝率が、20%~30%台

とっても勝率の低いシステムです

「一勝九敗、つまり計画したことはスピードを持って実行し、失敗した時はすぐ撤退すること」

1勝9敗でも勝てるロジック

「BreakBomber」というシステムは損切りラインを低めに設定しているため、

相場が下がりだし、一定ラインを超えると早めに損切りをします。

この「BreakBomber」のロジックをわかりやすく一言で言うと、

「コツコツ負けて大きく勝つ」というスタイルです。

単純に比較はできないですが、勝率が高いシステムというのは、

損切りラインが深く、利食いラインが近いという事を意味します。

要は、利食いラインを近くする事によって、早期決済を行っているわけです。

いわゆる損切り、ロスカットですね。

それは、プロフィットファクターが低いのを見ればわかると思いますが。

そして、「BreakBomber」の場合、勝率が低いのに対して、プロフィットファクターが高いです。

これで、利益を残すためには、勝率は関係ない

【GBPUSD】 ProfitFactor 1.53 MaxmalDrawdown 6.86% 利益 9,927.80$ 勝率29.35%
【EURUSD】 ProfitFactor 1.59 MaxmalDrawdown 3.80% 利益 8,394.00$ 勝率34.95%
【GBPJPY】 ProfitFactor 1.26 MaxmalDrawdown 18.04% 利益 14,050.74$ 勝率37.88%

との事です

一般の販売が決まり次第報告させていただきます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。